toggle
Just another WordPress site
2017-03-30

【注意】iPhoneをアップデートするときの注意点!!

2017年3月28日にAppleからiPhone用の最新OS,iOS10.3がリリースされ、現在バージョンアップが可能になっています。

 

今回のアップデートは大きな変更があるわけではありませんが、細かい部分がちょっと変更になっています。

iOS10.3で変更になったの点は3つ。

・Apple IDの設定項目が大幅に変更

・iCloudドライブの空き容量が見やすい

・マップでの天気予報表示(iPhone6s以降の機種のみ)

何がどのように変更されたのか見ていきましょう。

 

もくじ

 

 

iOS10.3で何が変わった?

 

大きく3つの項目が変更されましたが、それぞれどこがどのように変わってどのように便利になったのでしょうか?

 

Apple IDの設定項目が大幅に変更

今まで自分のApple IDを確認するためには、「設定」から「iCloud」もしくは「iTunes Store」「App Store」と別々の項目を選択していましたが、今回から設定画面の一番最初にApple IDが表示されるようになりました。

実際の画面はこちら

IMG_6601

 

設定画面の一番上に、「Apple ID」「iCloud」「iTunes Store」「App Store」と一括して出てくる様になりました!

何気に便利ですw

 

「Apple ID」「iCloud」「iTunes Store」「App Store」をタップして次の画面に進むとこちらの画面が出てきます。

IMG_6600

今まで個別に開いて確認していた「Apple ID」「iCloud」「iTunes Store」「App Store」の項目が一括して出てきますので面倒な操作がなくなりましたw

一番下には、同じApple IDで連携しているApple WatchやiPadなどのApple製品の情報が出てきます。

製品をタップすることで紛失した際の検索や、一部製品情報を表示することが可能です。

 

頻繁に使う項目ではないかもしれませんが、ばらばらになってるよりもわかりやすくていいですね。

 

iCloudドライブの空き容量が見やすい

さらにその中の「iCloud」は凄く便利になりiCloudをタップすると

IMG_6593

画面の上部に色別でグラフ表示されるので、どんな内容で容量を使用しているのか人目で確認することができます!

iCloudの容量が足りていない場合は、グラフをタップすることでストレージプラン変更ができるので写真や動画のデータが多い方はストレージプラン変更をオススメします!

 

こちらもそんなに頻繁に使わない人も多いかもしれませんが、iCloudでバックアップを取っている人は容量が足りない場合など何を削除すればいいか人目でわかるのはいいですね。

 

マップでの天気予報表示

Apple純正のマップだけでなくGoogleのマップなど地図アプリを利用している方は多いと思います。

特に出かける時などはマップで場所を調べたり、道順をナビとして使ったり非常に便利ですが、さらにマップに天気予報が追加されました!

 

どこかに旅行にいく場合、マップで場所を検索できますがやっぱり旅行中の天気も重要です。

今までならマップで行き先を調べて、さらに別で天気予報を調べてと非常にめんどくさい!!!

そんな時こそこの機能!

IMG_6594

マップ画面の右下に「☀️17°」のマークがあるのわかりますか?

実はその場所の天気予報が表示される様になったんです!!

しかも、ただ表示されるだけではなく「3D Touch」対応端末(iPhone6S以降の機種)で「☀️17°」を少し強く押し込むと

IMG_6599

なんとその日の時間ごとの天気予報と気温が表示されます!!

これは便利!!

わざわざ天気を調べる必要がなくなりました。

降水確率も表示されるから、今後の行動も天気のことを頭に入れながら早めの行動ができて、旅行の計画もこれひとつで立てられるようになりました!

 

以前iPhoneの地図はひどかったので使わなくなっちゃった人も多いかとは思いますが、最近はだいぶ改善されてさらに便利な機能が追加されるのでぜひ一度iPhoneのマップに戻ってみてはどうでしょう?

 

アップデートの注意点

 

iPhoneやiPadをアップデートするとこのように新しい機能が使えるようになったり、電池もちがよくなったり、性能が上がったりしますが、アップデートに失敗してしまってiPhoneが使えなくなってしまった、、、という話も聞いたことがあると思います。

そんなことにならないように今回はアップデート(バージョンアップ)をする上での注意点についても説明していきます。

 

①バックアップ

「iCloud」でも「パソコンでiTunes」を使ってでもどちらでも大丈夫なので必ずバックアップを行なった上でアップデートを行なってください。

バックアップを取らないでアップデートをしてしまい、もし万が一失敗して下の画像の様な症状になってしまったら。。。。。

IMG_6602

この状態はリカバリーモードと言ってiPhoneが利用できない状態で基本的にはパソコンにつないで初期化するしか方法がありません。

当店ならリカバリーモードからの復旧作業も行っておりますのでご相談ください。

h-iphone.com

 

そんなわけでバックアップは非常に重要です。

バックアップを取っておけばリカバリーモードになったとしてもバックアップからデータを戻すことができるので安心です。

とはいえアップデートに失敗しないことが何より重要です。

アップデート中に何か問題が起こって失敗してしまうとリカバリーモードになる場合が多いんです。

それではアップデート前にいくつか注意点があるので見ていきましょう。

 

②しっかりと充電

そもそも充電が少ないとアップデートができない場合がありますが、アップデート中に電源が切れてしまうとリカバリーモードになってしまう場合があります。

iPhoneのバッテリーが悪くなっていて電池はまだあるはずなのにいきなり電源が落ちるとか、さっきまで100%だったのに気づいたら20%になっているとかバッテリーの調子が悪い場合はアップデート前にバッテリーの交換をお勧めします。

一か八かやってみてリカバリーモードになってiPhoneが使えなくなっちゃったら元も子もないですからね。

 

③安定したWi-Fi

パソコンに接続せずにアップデートを行う場合には必ずWi-Fi接続をしておく必要がありますが、Wi-Fiが切れやすい、通信速度が遅いなど、Wi-Fiの通信状況が悪いとアップデートが途中でストップしてしまい、これもリカバリーモードになる可能性が高いです。

特にモバイルWi-Fiルーターでアップデートをする場合は通信制限に気をつけて行いましょう。

 

よくコンビニやカフェの無料のWi-Fiでアップデートをするという方もいますが、無料のWi-Fiは通信速度が遅い場合があるので、ちゃんと速度の安定したWi-Fiを使ってアップデートをしましょう。

 

④iPhoneのストレージを確認

iPhoneのストレージがいっぱいになっているとiPhoneの性能が落ちてしまいます。

性能が落ちている状態のiPhoneはフリーズ(動かなくなる)やバッテリーの減りが早い、勝手に電源が落ちるなどさまざまな不具合が発生します。

そんなわけで不具合が発生するとアップデートに失敗してしまう可能性があります。

アップデート自体にストレージを使うので、最低でもアップデート用の容量プラス1~2GBぐらいは空けておきましょう。

iPhoneの容量は「設定」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」で確認ができます。

足りなそうな場合は写真やアプリなど必要ないものを削除しておきましょう。

 

⑤アップデートのタイミング

ここまで準備ができていてもあわててアップデートを行わないでください。

大事なのはタイミングです。

特にバージョンが大きく変わる際のバージョンアップはタイミングが重要です。

大きく変わるというのはiOS10からiOS11に変わるなど数字がひとつ上がる場合のことを言います。

逆に今回のようにiOS10.2からiOS10.3に変わるような小数点以下が変わる場合はちょっとした変更です。

 

なので10→11のような場合は、アップデートが始まってもあわててアップデートをしないようにしましょう。

なぜならiPhoneが大幅にアップデートされた場合、世界中の人たちがこぞってアップデートをしようとします。

するとアップルのサーバー(アップデート情報が保存されている場所)がパンクしてしまい、アップデートの時間がかかったり、途中で中止されてしまう可能性があるからです。

 

なので大きな変更のあるバージョンアップの場合は、約1週間ぐらい待ってからバージョンアップをしても遅くないと思います。

せっかくのバージョンアップで新しい機能を使ってみたいのはわかりますが失敗してしまっては元も子もありません。

 

ちなみに大きな変更のあるバージョンアップはだいたい新しいiPhoneが発売されるタイミングで行われます。

ビッグウェーブに乗りたいところですが、ぐっとこらえて時期を待ちましょう。

 

大き目のバージョンアップ以外でも、みんながバージョンアップを行うのは夜間の寝てる間がほとんどです。

夜間にバージョンアップをして失敗すると翌日のアラームがならなかったりとちょっと別のリスクもあるのでぜひ起きてる間に行いましょう。

 

 

アップデートってやったほうがいいの?

 

ここまで話しておいてなんですが、アップデートはやるべきかやめとくべきか。

アップデートのデメリットは、

・失敗してリカバリーモードになる可能性がある

・使い方が変わってしまう可能性がある

・電池もちが悪くなったり、動作が悪くなる可能性がある

 

そう、便利な機能が追加されたりするアップデートですが、デメリットもあります。

失敗については先ほど説明したとおりですが、他にも使い方が変わったり、電池持ちが悪くなったり、動画が悪くなったりする可能性もあります。

 

たとえば以前のiPhoneはロック画面を解除するときには画面をつけて左から右へ画面をフリックさせていました。

ところが現在のiOS10ではホームボタンを押さないとロックが解除されなくなりました。

このように細かい操作の部分が変更になってしまい、慣れていた使い方が変わるので使いづらいと感じてしまうかもしれません。

まあちょっと使ってたら慣れますが。

 

そして、新しいバージョンになるとiPhone自体がそのバージョンになれていないため電池の減りが早くなってしまう場合があります。

基本的にはしばらく使っていると電池もちは安定してきますが、iPhone自体が古いと新しいバージョンの機能にiPhone自体が追いつかず動作が悪くなってしまう可能性があります。

なのでバージョンアップを行わないという人も多いようです。

 

ではバージョンアップは何のために行われているのでしょうか?

・新しい機能を追加して便利にする

・ウイルス対策やセキュリティ強化

・iPhoneの性能をアップする

・不具合を修正する

 

そう、アップデートは基本的にiPhoneをよりよくするために行われるんです。

今回のように新しい機能が追加されることによりiPhoneがもっと手放せないものになります。

以前のiPhoneは画面の明るさを変更するのに、いちいち設定画面を開いて画面の明るさを変更する必要がありました。

今のiPhoneでは画面外の下から上へフリックすると画面の明るさを変更することができるようになりました。

最初はこんな機能いらないだろ~って思うかもしれませんがなれるとこれなしの生活には戻れなくなっちゃいます。

 

そして世の中にはウイルスなどが自分のiPhoneを狙っています。

あとはiPhoneから自分の情報を盗まれてしまう可能性もあります。

そういったことがないようにするのもアップデートの役目です。

アップデートをしておかなかったために自分の情報が盗まれたら大変です。

 

さらにアップデートをするとiPhoneの性能が上がる可能性があります。

電池もちがよくなったり、タッチの反応がよくなったりですが、逆に悪くなる可能性も0じゃないんですが、基本的にはよくしてくれるはずなんですw

 

そして不具合の改善。

前のバージョンでおかしなことになっていた部分などを修正してくれます。

さっきちょっと触れましたが過去にiPhoneのマップの表示がおかしくなっていたことがありました。

有名なのが「パチンコガンダム駅」。

pachinkogumdam

もちろんこんな駅存在しません。

iOS6のときにマップ上に存在しない変な駅名が出てくるようになったことがありました。

これもアップデートで修正されています。

その他細かい不具合もアップデートによって修正してくれる場合があります(してくれない場合もある)。

 

まとめ

 

とはいえ、アップデートの失敗など危険性もあるのは確かです。

なので必ず①~⑤の手順を守ってアップデートを行ってください。

ただし、iPhoneが発売されてかなり古くなってしまっている場合、動作の部分がかなり悪くなる可能性があります。

現在のiOS10の対象機種は、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusですが、特にiPhone5やiPhone5cだとタッチの反応が遅くなったりOSの性能にiPhoneが追いつかないことも考えられます。

 

まとめると、アップデートは基本的に行うべきです。

しかししっかりとした手順を踏まないと失敗してiPhoneが使えなくなってしまう可能性もあります。

とはいえアップデートしなくても基本的に問題なくiPhoneを使うことができます。

設定アイコンの右上に①と赤い丸が入ってうっとおしいとは思いますが、そのままでも特に問題ありません。

アップデート自体はiPhoneをよくするためのものなのでなるべく行いましょう。

 

topimage_2016_02

 

当店では、iPhone4 / iPhone4s / iPhone5 / iPhone5s / iPhone5c / iPhone6

iPhone6Plus / iPhone6s / iPhone6sPlus / iPhoneSE / iPhone7 / iPhone7Plus の修理が可能です。

画面割れ・バッテリー交換・水没・データ復旧・その他パーツの交換ができますので、まずはご相談ください。

※iPhone7シリーズは画面交換のみとなります。

リカバリーモードからの復旧などに関しては、修理の取り扱いのないiPadなども対応しておりますのでお気軽にご相談お待ちしております。

Twitterもやってます!

@iPhonerepair_k

フォローお願いします!

埼玉県熊谷市筑波3-202 ティアラ21 2F

048-599-2255

必殺iPhone修理人 熊谷編

修理担当まで

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA