toggle
Just another WordPress site
2017-06-11

【最速レビュー】iPhone7にiOS11をインストールしてみた

皆さん、こんにちは!!

6月5日にアメリカカリフォルニアにて行われた「WWDC2017」見ましたか???

WWDCとはAppleの新製品などが発表される1年に1度のイベントなのですが、今回は新しいiMac ProやiPad Proの10.5インチ、Home Podなどが発表されていました。

残念ながら最新のiPhone 7sやiPhone 8は発表されませんでした。

しかしiPhoneユーザーに関係のあるiOS11が発表され、実際に使ってみたので紹介したいと思います!

現在のiOSとの変更点やiOS11になるとどんなところが便利になるのでしょうか?

 

【注意】

現時点では、有償のApple Developer Program(アプリ開発者など)に登録している人だけがiOS11ベータ版のアップデートをすることができます。

iOS11ベータ版は開発者向けの配信の為、バグが多く勝手に電源が落ちる・画面が固まる・アプリが立ち上がらないなど、当たり前のように不具合が発生します。

 

またネット上でタダでiOS11をインストールしている方もいるみたいですが、Appleからの入手ではないためウイルスが仕込まれている可能性も考えられますし、不具合が発生し正常に利用することができませんので、絶対にApple以外で入手しないでください。

どうしてもiOS11を利用したい場合は、Apple Developer Programに登録してAppleより正規のiOS11をダウンロードしましょう

個人的には一般の方のiOS11のインストールはお勧めしないので、インストールする場合は自己責任で行って下さい。

 

では長くなりましたが個人的にこれはすごい便利!と思った機能を紹介していきます。

 

iOS11の新機能

まずはiOS11での変更点のまとめです。

①iPhoneの画面を録画

②App Store画面が変更

③iMessageが使いやすく

④Apple Payが友だち間の送金に対応

⑤Siriがもっと賢く

⑥マップが屋内(階数表示)対応(日本は不明)

⑦写真の容量が画質はそのままで小さくなる

⑧運転中モード

⑨Files(ファイル管理アプリ)

⑩コントロールセンターのカスタマイズ

とりあえずiPhoneが関係するのはこんなところでしょうか。

 

特に最新機能で個人的にオススメなのが、

①iPhoneの画面を録画

⑩コントロールセンターのカスタマイズ

・カメラでQRコード(上には載せませんでしたが)

この3つです。

 

iPhoneの画面を録画

iPhoneの画面を録画できるのってすごく便利ですw

今まではスクリーンショットで画面の静止画を撮る事はできましたが、画面の動く様子を撮る為にはパソコンにつないだり特殊なアプリを使う必要がありました。

便利すぎて、この記事に何度も登場してますw

では、録画機能を利用してスクショした画像に文字を書いてみたのでご覧ください。

 

文字が下手くそ過ぎて死にたくなりますが、スクショをした後にさらに編集できるのはめちゃくちゃ便利で、もちろん、文字を書いたスクリーンショットは写真に保存することができます。

IMG_0018

 

画面が録画できると何が便利になるかというと、ゲームの様子を録画できるようになります。

YouTubeなどに自分がゲームをやってる様子を配信している人がいますが、一般の人でもカンタンにできるようになります。

 

またiPhoneを操作して何かを行うときの方法をカンタンに説明してあげることもできるようになります。

 

 

コントロールセンター

今までのコントロールセンターは使える機能が決まっており変更することはできませんでした。

iOS11のコントロールセンターは自分でカスタマイズすることが可能なので、自分がよく使う機能を選んで便利に利用することができます。

これまでのコントロールセンターは、機内モード・Wi-Fi・BlueTooth・おやすみモード・画面の自動回転のオンオフ、画面の明るさ変更、ミラーリング、Air Drop、Night Shiftのオンオフ、懐中電灯、タイマー、電卓、カメラが使えたんですがこれを変更することはできませんでした。

 

iOS11なら必要のないものをなくして、自分にぴったりなコントロールセンターに変更できます。

録画画面では確認できませんが、バックライトの照度変更や音量の大小などはコントロールセンターから、上下に動かすだけですぐに変更が可能になりました!

 

 

カメラ

カメラで言うと一番注目されているのが容量が少なくなることです。

今までと画質はおんなじなのにもっとたくさんの写真をiPhoneに保存できるようになります。

ですが、個人的に便利だと思うのがQRコードを読み取ることができるようになったことです。

今までだとQRコードアプリを別でインストールしたり、LINEのQRコードリーダーを起動さていましたがこれからは通常のカメラだけでオッケーです。

QRコードを読み取ると画面の上部に読み取った内容が表示されます。

 

 

iOS11対象機種

正式に配信予定のiOS11はiPhoneでは下記の機種に対応予定です。

iPhone 5S

iPhone SE

iPhone 6 / iPhone 6 Plus

iPhone 6s / iPhone 6s Plus

iPhone 7 / iPhone 7 Plus

 

残念ながらiPhone 5やiPhone 5cは対象外なので、iOS10が最後のiOSとなってしまいます。。。

とはいえiPhone 5は発売から約5年前の2012年9月なのでそろそろ機種変更しちゃった方がいい気もしますが、iPhone 5cは2013年発売でiPhone 5sとおんなじなのに残念ですね。

 

また、万が一iOS11にして不具合などでお困りであれば、iOS11→iOS10.3.2へダウングレードのご相談は店頭で承ります。

現時点でiOS11が正式版ではない為、端末の状態によっては修理をお断りする場合がございますのでご了承ください。

※ダウングレードには内部データの初期化が必要となります。

またApple IDやパスワードを入力して頂きますので、

事前にご確認の上でご来店下さい。

 

iOS11の新しい機能については今後も順次アップしていきます!

 

==========================================

当店では、iPhone4 / iPhone4s / iPhone5 / iPhone5s / iPhone5c / iPhone6

iPhone6Plus / iPhone6s / iPhone6sPlus / iPhoneSE / iPhone7 / iPhone7Plus の修理が可能です。

 

画面割れ・バッテリー交換・水没・データ復旧・その他パーツの交換ができますので、

まずはご相談ください。※iPhone7シリーズは画面交換のみとなります。

 

リカバリーモードからの復旧などに関しては、

修理の取り扱いのないiPadなども対応しておりますので、

お気軽にご相談お待ちしております。

 

Twitterもやってます!

@iPhonerepair_k

フォローお願いします!

埼玉県熊谷市筑波3-202 ティアラ21 2F

048-599-2255

必殺iPhone修理人 熊谷編

修理担当まで

関連記事

コメント1件

  • 潤弥 より:

    ダウングレード最中のリカバリー不良での
    修理は可能ですか。
    リカバリー画面で止まっている状態です。
    そちらで修理すれば治りますでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA