toggle
Just another WordPress site
2017-07-29

修理人が教えるiPhone修理店の選び方

当店もそうですが、iPhoneの修理屋さんって最近はいろんなところにありますよね。

大きめの駅だと駅前に3〜4店舗修理屋さんがあるとこも珍しくありません。

しかし、iPhoneの修理屋さんってうす暗〜いビルの一室だったり、とっても狭かったりしてなんだかすごく怪しいところが多い、、、女性が一人で入るのはちょっと勇気がいりますねw

 

入る前はちゃんとここで修理をしてくれるのか、ぼったくられないか、どんな人が出てくるのか、心配でいっぱいです。

修理やさんもたくさんあるので一体どこを選べばいいかわからないですよね。

本日はそんなiPhoneの修理屋さんの選び方についてです。

komatta_man2

 

有名どころなら安心?

やはり名前を聞いたことがある会社やチェーン店でいくつもお店があるところだとちょっと安心感がありますよね。

大手なら研修制度もしっかりしているので比較的安心だと言えます。

 

しかしiPhoneの修理店選びで重要なのは修理スタッフの腕です。

どんなに研修がしっかりしている会社であっても、スタッフの腕が悪ければ失敗して逆にiPhoneが壊されてしまう可能性もあります。

大手だからといってみんな修理の腕がいいとは限りません。

 

そして二つ目に重要なのが修理の部品の品質です

例えばiPhoneの画面が割れてしまった場合、割れた画面を新しい画面と交換するのですが修理屋さんによって交換する画面の品質が異なります。

これはいろんなメーカーがiPhoneの画面を作っているので、お店が違えば品質が違うのですが、品質が悪いと修理してすぐに画面が浮いて剥がれてきたり、画面の映りが悪かったり、せっかく修理したのに残念なことになってしまいます。

 

最後に重要なのが保証です

一般的にiPhone修理屋さんでは、修理によって生じた他の不具合については保証の対象外となっています。

例えばバッテリーを交換をお願いしたのに画面が割れて帰ってきたとしても修理店では何にもしてくれない場合があります。

残念なことですが、実際にあった話です。

 

良心的なお店なら、修理店側のミスで他の異常が発生した場合は無償で対応してくれますが同意書や規約を盾に一切対応してくれないお店もあるのが事実です。

しかしiPhoneの修理は人間の手で行うものなので100%失敗しないとは言い切れず、また修理店側の問題ではなく故障が発生してしまうこともあるため、規約上は保証対象外と書かざるを得ないんです。

 

修理後の保証も重要で、修理から◯日間以内に何かしらの問題が起きた場合ちゃんと保証をしてくれるかも確認しておく必要があります。

iPhoneを画面割れで修理に出して、一度は問題なく使えるようになったものの数日後に画面が映らなくなってしまったなんて話もよく聞きます。

そういった場合も、きちんと保証してくれるお店なら安心して任せることができますね。

最低でも1ヶ月の保証があるお店の方がいいでしょう。

 

 

どうすればいいお店を探せる?

最近ではiPhone修理のポータルサイトもたくさんありますし、Googleマップを見ればお店の口コミが書かれていることも珍しくありません。

そういったところで評価を見てみると、かなり評価に差があることに気づきます。

ある人は

「すごい早い対応でスタッフの対応も丁寧でした☆☆☆☆☆」

ある人は

「スタッフの対応は悪く、とても待たされました☆」

このように修理店がよかったかどうかはその口コミを書いた人の主観によって変わってしまうことがあります。

 

例えばiPhoneの修理にかかる時間はだいたい20分から1時間ぐらいが目安で、画面交換やバッテリー交換でこれ以上かかることはまずありません。

しかしせっかちな人からしたら30分だって待たされるのが嫌なのかもしれません。

そうすると1時間以内で修理をしたとしてもあんまり評価は良くないですよね。

 

ではどうやっていいお店を選ぶかというと自分で実際に修理スタッフに会うのが一番です。

修理スタッフに会ってその人のiPhoneに対する愛を見るのです。

 

特にiPhoneやAppleが好きな修理スタッフは、異常とも言える愛があります。

当然のように最新のiPhoneを使っていて、パソコンはマック、さらにはapple watchを使っていて、なんならiPadまで持っている可能性が非常に高いです。

この人はまちがいなくAppleへの愛が強いです。

 

Apple愛が強いということはそのぶんiPhoneへの愛も強いということなので、とても丁寧に修理をしてくれます。

とはいえどのiPhoneを使ってるとかわかんないですよねw

こういう人はAppleが大好きなのでiPhoneに対する知識もものすごいものがあります。

 

iPhoneの裏技的な使い方を知っていたり、次のiPhoneの噂をいろいろ知っていたり、フツーの人が知らないような情報を知っていたりします。

 

当たり前ですが、iPhoneの種類はわざわざ聞かなくても見た瞬間わかりますし、見た目で判断が難しいiPhone6とiPhone6sの違いも持っただけでわかります(重さがちょっと違うので。っていってもたったの14グラム)。

 

 

逆にAppleへの愛がない修理スタッフはいい加減なことをする可能性があります。

ちょっとした失敗を放置したり、規約があるからといってこちらのいうことを一切聞いてくれなかったり。

実際、過去にiPhoneの修理をした人のiPhoneを見てみるとネジがなくなっていたり、雑に修理されていることが少なくありません。

そういったところで修理をするのはあとから後悔する可能性があります。

 

修理の部品の品質に関しては、実際に修理をしてみないとわからないところですが、一度修理して見て画面が浮いていないか、映りがおかしくないかをしっかり見極め、おかしなところがある場合はしっかりと指摘しましょう。

 

お店によっては修理スタッフと受付スタッフが違う場合があるので、そこもちゃんと確認した方がいいですね。

 

ちょっと見分け方としては難しいですが、自分の経験上対応がいいお店は技術もいい。

これに尽きます。

壊してしまったこちらに対して、ショックなリアクションをしてくれたり、壊してしまった時の状況を細かく聞いてくれたり、修理後はちょっとしたアドバイスをくれたりする修理屋さんは技術もしっかりしていて、部品の品質も高い場合が多いです。

 

逆に、ひどいわけではないけど事務的な対応をする修理屋さんはいまいちなことが多いです。

 

まああくまでこれは自分が実際にいろんなところで修理してみた傾向なので、全ての修理店に当てはまらない可能性があります。

Apple愛がすごいのに修理は雑な人や、iPhoneについて興味は全然ないけど丁寧な対応をしてくれる人もいますからね。

 

もちろん修理する人がどうかを確認するのも重要ですが、修理後の保証や、修理をするにあたって発生した不具合への保証がどうなっているかはきちんと確認した上で修理に出しましょう。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA