toggle
Just another WordPress site
2017-09-14

ついに発表!iPhoneX(テン)とiPhone8。新旧iPhoneと比較してみよう

Pついに発表されました!

iPhoneXとiPhone8!!!

 

昨日は夜中までスマホやPCに張り付いて夜中までアップルの発表を楽しみに待っていた方も多いんじゃないでしょうか?

アメリカのカリフォルニアにあるアップル本社にて毎年恒例となるアップルの新商品発表会が行われ、そこで新しいiPhoneX(テン)とiPhone8、そしてApple Watch Series3とApple TVが発表されました。

 

やはり一番注目されているのはiPhoneですが、今までiPhoneと一緒に持っていないと意味がなかったアップルウォッチが単独でも電話ができるようになったり、4Kの高画質動画にもアップルTVが対応し、例年通り非常にワクワクする発表会になりました。

 

今日は特にiPhoneX(テン)とiPhone8に絞ってどんな特徴があり、どんな性能が増えたのか、そして過去のiPhoneと比較をしていきたいと思います。

 

iPhone X(テン)

さっきから書いてますが、iPhoneエックスではなく、iPhoneテンです。

今年でiPhone発売から10周年を記念しての10でしょう。

 

iPhoneX最大の特徴はディスプレイ、つまり画面です。

fullsizeoutput_a9

iPhoneの表側はほとんど画面になり、さらに今までの液晶から有機ELディスプレイ(OLED)に変わりました。

これにより今までのiPhone7Plusよりも画面が大きいのに、iPhone自体はコンパクトになり、さらにOLEDでさらに鮮やかな画面になりました。

 

しかしそこで気になるのがホームボタンです。

今までiPhoneの特徴といえば、画面の下のホームボタンで、画面をつけたり、指紋認証をしたり、Siriを起動したりと様々な機能が一緒になっていました。

fullsizeoutput_96

 

そのホームボタンがなくなり、画面内に搭載されました。

では指紋認証はどうなるのかというと、カメラを使った顔認証(Face ID)になり今までよりもセキュリティが強化されました。

カメラで認証だと暗いところだと認証されないんじゃないかとちょっと心配ですが、赤外線を使った認証なので暗いところでもバッチリ顔認証できるそうです。

さらにSiriの起動は電源ボタン2回押しに変わったりと今までのiPhoneと若干使い方が変わりました。

 

そしてもう一つの特徴がワイヤレス充電に対応したこと。

日本では置くだけ充電と言ったほうがわかりやすいですが、今までのiPhoneのようにケーブルをiPhoneに差し込まなくても、別売りの充電台に置くだけで充電することができます。

修理人目線で見るとiPhoneは充電の差し込み口が悪くなっちゃうこともよくありますし、充電ケーブルって使ってるとすぐにダメになっちゃうんですよね。

今後はiPhone以外でもワイヤレス充電が普及していくといいですね。

 

その他、様々な基本性能が上がっています。

CPU(チップ)はiPhone7の「A10 Fusion」チップから、「A11 Bionic」チップへ強化され処理能力が上がり、電池持ちもよくなりました。

 

外側のカメラは1200万画素とiPhone7やiPhone7Plusと画素数的にはわかりませんが、iPhone7Plusと同じ撮影できる範囲が広い「広角レンズ」と遠くの物まで綺麗に撮れる「望遠レンズ」の2つのレンズがついたデュアルレンズになりました。

しかもシャッタースピードが早くなり、光学手ブレ補正が搭載されたことにより写真を撮った際の手ブレが抑えられより明るく綺麗な写真が簡単に撮れるようになりました。

 

インカメラも画素数は700万画素とiPhone7やiPhone7Plusと変わりませんが、「ポートレートモード」が追加されました。

ポートレイトとは人物の写真のことで、写真を撮る時に背景をぼかし人物を強調することでよりいい写真が撮れるようになります。

特にインスタなどのSNSで自撮りをする人にはぴったりな機能です。

 

他にもいろんな性能アップや機能が追加されていますが、今までのiPhoneと比べて見た目が変わりました。

今までのiPhoneはおもての画面はガラス、裏側は金属でできていましたが、iPhoneXはおもての画面はガラス、裏側もガラス、周りのフレームの部分が金属(ステンレススチール)で作られています。

ワイヤレス充電を可能にするためには裏側をガラスにする必要があったみたいですが、これにより落下で裏側も割れてしまう可能性があります。

アップル曰く今までで一番硬いガラスを使っているようですが、ガラスはガラスです。

少なからず割れる可能性があるでしょう。

でもかっこいい!!!

fullsizeoutput_ab

もちろんiPhone7同様に耐水性能を備えてるのでちょっとした水濡れは問題ありません。

 

色はスペースグレイとシルバーの二色で、容量は64GBと256GBの2種類になりました。

 

iPhoneXの特徴

・全面ディスプレイ

・ホームボタン廃止

・FaceID(顔認証)

・ワイヤレス充電

・ポートレートモード

・背面ガラスデザイン

 

iPhone8 / iPhone8Plus

もう一つのiPhoneがiPhone8とiPhone8Plusです。

iPhone8はiPhone7とほぼ同じ大きさ、iPhone8PlusはiPhone7Plusとほぼ同じ大きさなので、iPhone7用のケースがそのまま使えそうです。

アップルのオンラインストアでも同じものが両方のiPhone用として販売されています。

 

正直iPhoneXの進化に比べるとこちらはiPhone7と比べてそこまで変化があったわけではありませんが、一番変わったのは見た目のデザインでしょう。

表側はほとんど変化がありませんが、裏側はiPhoneXと同様にガラスで作られています。

ガラスで作られているということはこれもiPhoneX同様、ワイヤレス充電に対応しています。

 

また色はiPhone7ではジェットブラック・ブラック・ゴールド・ローズゴールド・シルバー・レッドの6色と過去のiPhoneの中でも一番多いカラーバリエーションでしたが、今回のiPhone8はスペースグレイ・ゴールド・シルバーの3色となりました。

 

容量も2種類に絞られiPhoneX同様、64GBと256GBのみとなっています。

 

それ以外の部分に関しては、基本性能アップぐらいでiPhone7とほとんど差がなくiPhone8というよりiPhone7sといった印象です。

たぶん本体のデザインが変わってるのでiPhone8なんでしょうけど。

fullsizeoutput_ad

 

iPhone8の特徴

・背面ガラスデザイン

・ワイヤレス充電

 

新旧iPhoneを比較してみよう!

ではまずは現在発売されているiPhone7とiPhone8、iPhoneXを比較してみましょう。

iPhone7 iPhone8 iPhoneX
ディスプレイ 4.7インチ

LCD

4.7インチ

LCD

5.8インチ

OLED

アウトカメラ 1200万画素 1200万画素 1200万画素

デュアルカメラ

インカメラ 700万画素 700万画素 700万画素

ポートレートモード

チップ A10 Fusion A11 Bionic A11 Bionic
セキュリティ認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証) Face ID(顔認証)
充電 Lightningケーブル Lightningケーブル

ワイヤレス充電

Lightningケーブル

ワイヤレス充電

大きさ(縦・横・厚さ) 138.3×67.1×7.1mm 138.4×67.3×7.3mm 143.6×70.9×7.7mm
重さ 138g 148g 174g
耐水性能 IP67 IP67 IP67
容量 32GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB 64GB / 256GB
カラー ジェットブラック・ブラック・ゴールド・ローズゴールド・シルバー・(レッド) スペースグレイ・ゴールド・シルバー スペースグレイ・シルバー

 

画面サイズはもちろんiPhoneXが一番大きいですね。

画面サイズはiPhone7とiPhone8と比べると4.7インチから5.8インチとかなり大きくなりますが、本体サイズは数ミリ程度しか変わりません。

比べて見るとわかりやすいですが、見た目ではほとんど大きさは変わらないですね。

IMG_1485

 

続いて、iPhone7PlusとiPhone8Plus、iPhoneXの比較です。

iPhone7Plus iPhone8Plus iPhoneX
ディスプレイ 5.5インチ

LCD

5.5インチ

LCD

5.8インチ

OLED

アウトカメラ 1200万画素

ディユアルカメラ

1200万画素

デュアルカメラ

1200万画素

デュアルカメラ

インカメラ 700万画素 700万画素 700万画素

ポートレートモード

チップ A10 Fusion A11 Bionic A11 Bionic
セキュリティ認証 Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証) Face ID(顔認証)
充電 Lightningケーブル Lightningケーブル

ワイヤレス充電

Lightningケーブル

ワイヤレス充電

大きさ(縦・横・厚さ) 158.2×77.9×7.3mm 158.4×78.1×7.5mm 143.6×70.9×7.7mm
重さ 188g 202g 174g
耐水性能 IP67 IP67 IP67
容量 32GB / 128GB / 256GB 64GB / 256GB 64GB / 256GB
カラー ジェットブラック・ブラック・ゴールド・ローズゴールド・シルバー・(レッド) スペースグレイ・ゴールド・シルバー スペースグレイ・シルバー

正直、性能的にはあまり変わっていません。

ワイヤレス充電とホームボタンの有無がポイントになりますね。

 

逆にiPhone8PlusとiPhoneXを比べると画面サイズは小さいのに、本体サイズが大きくなってしまいます。

IMG_8731

ってことはiPhone8Plusを選ぶ必要性ってホームボタンの有無と金額だけですね。

 

では色を見比べてみましょう。

iPhone8

fullsizeoutput_b0

 

iPhoneX

fullsizeoutput_b1

 

iPhone8が3色なのに対して、iPhoneXは2色。

同じスペースグレーとシルバーがありますが、背面の色はおんなじで、サイドの金属フレーム部分の質感が違います。

iPhone8がちょっとマットな金属なのに対して、iPhoneXはピカピカの金属で、やはりプレミアムモデルのiPhoneXのほうが高級感があります。

 

 

さあどのiPhoneを選ぶ?

問題はどのiPhoneを選ぶかです。

現在iPhone5sやiPhone6を使っている人はもう3年以上経ちますし、iPhone6sの人ももうすぐ2年でそろそろ機種変更を考えているところでしょう。

 

iPhone8が9月15日から予約が始まり、9月22日から発売開始されます。

iPhoneXは10月27日から予約が始まり、11月3日に発売と手に入るまでまだしばらくかかるので今すぐにでも機種変更したい方にとってはiPhoneXはなかなかもどかしいところ。

 

さらに金額の差もかなり大きく

iPhoneX iPhone8 iPhone8Plus
64GB 256GB 64GB 256GB 64GB 256GB
金額 112800円 129800円 78800円 95800円 89800円 106800円

アップル公式サイトのSIMフリー版iPhoneの価格。すべて税抜き。

 

iPhoneXに関しては10万越え、、、

同じ64GBでもiPhone8とiPhoneXなら34000円の差額。

iPhone8PlusとiPhoneXなら23000円の差額。

正直、iPhoneにあんまり興味がない人にとってはわざわざiPhoneXを選ぶ必要はなさそうですね。。。

逆に金額的に問題がなければわざわざ画面が小さくて本体サイズが大きいiPhone8Plusを選ぶ必要はありません。

 

個人的な予想としてはiPhone8に人気が集中して、今までPlusシリーズを使ってた人やお金持ちな人がiPhoneXを選ぶんじゃないでしょうか!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA